2007年2月12日 (月)

POP PAN

2006hongkong_084 ポップパンはネギのパイ。

北京料理で粉を練って、細長くしたものにネギをふり、

とぐろを巻くようにした後、上からつぶして焼く。。みたいなものがあるけど、

そんなことするよりポップパンを買ったほうが早い!簡単!

私たちグループで恵康などに行くと、棚がからっぽになるまで

買い占めます。

日本だと表参道駅構内の紀伊国屋で小さいサイズを見かけるらしい。

しかし、いつもその棚は空っぽだという。。。

日本で買い占めてるのは私たちじゃないですから!

|

明生2

2007hongkong_201 今年の明生ではこんなものを買いました。

左は鍋だけれど、鍋として使うのではなく、

サラダとかベトナム混ぜ混ぜご飯などを盛って楽しむつもり。

出張料理にも軽いので持っていけそうだし。

右はポウチャイ飯の鍋。前持っていたのは犬が南部せんべいを

食べるようにかじってしまったのだ。

ミニ蒸篭も犬がかじってしまったため、同時に買ったら

お店のおじさんが左のステンレスの鍋とは口径があわない!と

言ってくれてるのはわかるが、その鍋は持っているという

広東語がわからない。。。でもOK!無問題!で笑顔で解決しました。

夜お酒を飲んだあと、ちょっとだけご飯が食べたい!という時に

土鍋はすぐ炊けておいしいので重宝します。

その上に腸詰や威魚を乗せたら、もう。。。。

まぁ日本の中華街で見かけたこともあるのですが、

香港で買ったものを使うのが、楽しい。

しかもお値段HK$10で、うれしい。

|

明生1

2006hongkong_079_1 上海街という日本で言う合羽橋みたいな地域が

九龍側にある。

仏具屋さんとプロ用のキッチン用品店が混在しているところまで

日本の合羽橋とそっくりだ。

色々店はあるんだけど、私はこの明生がお気に入り。

見に行くと結構ほっておいてくれる。

冷やかしだろ!と意地悪するわけでもなく、

お会計をごまかすわけでもなく、淡々と接客してくれるのがうれしい。

この浅いスプーンは鍋のとりわけなどに、冬は使わない日がないぐらい

大活躍しています。

いつもはベトナムでこういうのを買っていたのだけれど、

香港でも買えて、うれしい限りです。

|

南Y島

2007hongkong_162 今年シティスーパーで手に入れた南Y島の調味料。

左はお酒のおつまみ。白魚の塩コショウ炒め。

最後にペッパーのピリッと感があり、ビールにあいます。

そして右は火腿威魚の塩漬け。

土鍋でご飯を炊くとき、蒸らしの時にのせれば

簡単ポウチャイ飯の出来上がり!

今回のメンバーはみんな酒飲みだったので、

レストランでポウチャイ飯をチョイスするとき、迷わず威魚入り!

誰も異議を唱えるどころか、一粒も残らなかった。。。。

|

2007年2月 5日 (月)

milk pudding

2006hongkong_127 義順ミルクプリンは前より店舗が増えた?

私は佐敦の裕華に寄ったあと、買い物疲れを癒します。

あったかいのと冷たいの、コーヒー入りなど色々ありますが、

私はあったかいののジンジャー入りがお気に入り。

甘いものを食べている罪悪感もショウガの漢方感で

プラスマイナスゼロに!

この牛のマークのボウルとれんげがセットで多分\300もしないぐらい。

行く度に買って、香港好きの友達夫婦にあげたりしてます。

その家でこの牛さんたちが、どのように使われているか、

想像するだけで楽しみ。

私は友達の家で出張鍋パーティするとき、

土鍋に布を引いて、牛さんをたくさん詰めて車で出発!

パーティ中はみんな食べるのに夢中だけれど、

私だけみんなが同じ牛のボウルでワシワシ食べてるのを見て、

ニヤニヤしています。。。

|

2007年2月 2日 (金)

city super2

2007hongkong_190 今回見つけたのはこのショッピングバッグ。

ただのスーパーのビニール袋型とあまり興味がもてなかった。

しかし同行者が購入して持ったところを見たら、可愛い!

荷物が入ると底がコロンとして、持ち手のところがぎゅーっとなる。

マネして買ったのは言うまでもありません。

しかもHK$10。。。。。

10色まとめ買いしてお土産にした人もいるとか。

日本もレジ袋有料化と言われているので、こんなお土産もらったら

うれしいかも。

|

city super 1

2006hongkong_094 シティ スーパーは香港にあるお洒落スーパー。

日本でいうと紀伊国屋?日本人商社マンが独立して作ったと

言われるスーパーです。

品揃えは逆にお洒落すぎて、日本のものとかが多く、

地元のディープなものは地元のウェルカムなどのスーパーに

行ったほうが見つかります。

昔はハーバーシティにしかなかったけど、タイムズスクエア、

最近ではIFCにも入りました。

日本の雑誌ブルータスで、このショッピングバッグを持つのが流行り!

と書いてあったので買ったら、地元の人は誰も持っていませんでした。

このトート大は買い物のとき便利だし、中サイズを仕事で使っていたら、

元滞在員に間接的に声をかけられたこともありました。

お洒落業界の知人は展示会で誉められたとも。

単なる布バッグを使って、人との出会いが広がる。。なんて

ちょっと面白い。

しかし、財閥系男子とは広がらないわねぇ。。。

自分で買い物しないのか!

|

2006年9月12日 (火)

Queen's cafe

2006hongkong_074 香港映画好きになったのは、ウォン・カーウァイがきっかけ。

欲望3部作はビデオ買ったなぁ。DVDボックスが出たんだ。

今度買わないと。

欲望の翼に出てきた、皇后飯店の古いお店は今はもうないらしい。

でもここのお店のヌガーやパティスリーは結構有名で、

地元の人もひとつふたつと買い求めている。

それに混じって色々買って、お土産として人にあげる。

もちろん香港好きな皇后飯店を知っている人にだけ。

知らない人にはただの歯にくっつくキャラメル。。。

|

2006年9月 4日 (月)

Herval Candy

2006hongkong_053

こののど飴は母のお手柄。最初に一番手前の種類の

袋入りのを買って気に入ったので、次回買ってこいと指令がおりました。

会社で知り合いに一粒差し上げると、効きそうだね~と言う人と、

ちょっと。。。という人に確実に分かれます。

私たちの旅のチームで、棚の商品がなくなるぐらいの勢いでいつも買い占めます。

今回行ったら、ミント味とレモン味と3兄弟になってました。

冬の乾燥したオフィスの必需品のど飴も、

こんな缶に入ってデスク周りにあると、なめる度に次回の香港行きを

妄想して、仕事にも張りが出るっていうもんです。ウソ。

|

yungkee

以前女10人で香港に行ったことがあった。

その頃からyungkeeのピータンは有名で、みんなの分を頼まれて

買いに行ったことがある。

1箱6個入りの箱を12箱。

オーダーを通すとお店のお姉さんは、6個入りを2箱で12個と勘違い。

ちがーう。

6個入りを12箱、計72個のピータンが、その年空を飛びました。

2006hongkong_155 2006hongkong_154

|

«great for souvenirs